2008年10月25日土曜日

挙筋短縮の埋没法で平行型⑦

鼻やあごへの注入と比較して涙袋のヒアルロン酸注射は持続期間が長い印象があります。写真では寝転んで注射しておりますが、時々座った状態でも注射する場合があります。 またヒアルロン酸の後は、小顔にするため目的にて咬筋周囲(エラ部分)へボトックス注射を施しました。ボトックス注射はほとんど腫れません。